分けて考えるか、組み合わせで考えるか

  • Day:2010.08.03 10:54
  • Cat:日記
今、会社のWebサイトやキャンペーンサイトのランディングページ用バナーを作っている。
とりあえず初めてなので、ソニーとか楽天とかサイトの上手な会社を参考にしたり、
「バナーの作り方」みたいなWebサイトを見たりしながら四苦八苦している。

で、昨日仕上げの段階で、
いくつか案をつくって、パートタイムのスタッフや他の社員にどれがいいか聞いてみたが
これがやり方ミスってしまった。

バナーというと、
・背景/背景写真
・掲載される絵
・コピー/サブコピー
等の要素からできている、それについて7つくらいの組み合わせを作って
ヒアリングをした。

ただ、その組み合わせに特に意味が無かった。
つまりは組み合わせとして最適化された結果の7つの案ではなく、
たまたまそうしてある程度網羅的にしただけ。

組合せ毎の最適化を考慮に入れていない以上は、
上記の要素毎に、たとえば

・背景は、海とビルと青い空 どれがいいか
・掲載される人は男性がいいか女性がいいか
・コピーはいくつかあるがどれがいいか。

等、別々に聞いて部分での最適を統合した形が
現時点でできるベストである。

広告を作っている人から聞いたが、実際は商品名やメインコピーを
敢えて曖昧にして、サブコピーや絵で補うという組み合わせで見せる
手法もあるらしいが、それはもう少し経験を積んでからだろう。


※クイックにヒアリング

うちの会社では、Webの改訂や企画をやるときはCEOであってもパートタイムスタッフや他の社員の意見を聞く。
これは客観的な視点をクイックに入れることで、課題解決に対して的外れな解を作ってしまう確率を減らす目的。

大企業であれば大々的に調査をやって、ということができるが、ベンチャーにはある一定数のヒアリングで
早く施策を打つことが効果的なのだと思う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。