辺境・近境

  • Day:2010.01.07 18:45
  • Cat:日記
最近、友人に勧められて村上春樹の小説じゃなくて、エッセイにはまっている。
けっこうくだらないことを、これまたくだらなく書いている本がいい。ほっとします。本当に。

その中でも辺境・近境のメキシコ大旅行は特に良かった。


わざわざメキシコまで来て持参品を紛失し続けながら旅行する理由について

何故わざわざぼくはメキシコにまで疲弊を求めてやってこなくてはならないか?「何故かといえば」とぼくは答えるだろう、「そのような疲弊はメキシコでしか手に入らない種類の疲弊だからです。ここに来ないことには、ここに来てここの空気を吸って、ここの土地を足で踏まないことには手に入れることのできない種類の疲弊だからです。…」



海外旅行で財布をすられたり、詐欺にあったり、高山病にかかったり…
それでも行きたくなる理由をきれいに書いてくれてるな。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。