音から発電する

  • Day:2007.12.31 17:06
  • Cat:日記
毎日会社で読んでいる日刊工業新聞から。 

 

究極のエコ発電機を社会へ―。音力発電は、物体の振動から発電する「振動力発電機」の試運転を始めた。首都高速道路と共同で東京都足立区の五色桜大橋の夜間照明用電源として12月中旬から稼働している。
 電力を音振動に変えるスピーカーと逆の原理で、自動車の通行時や風による橋げたの揺れから安定的に発電する。
 

(更新日 2007年12月29日)

慶応大学発のベンチャー株式会社音力発電は、音や振動を電機に変えるという究極のエコエネルギーを提案している。何より、その用途が魅力的。

たとえば、

「参加型イルミネーション」

会場に敷かれた発電床の上を来場者が歩くことによってイルミネーションがつくられるという仕組み。参加者が多いほど(ルミナリエの様な)会場は光り輝き、少ない場合はホタルの光の様な情緒あふれる雰囲気をかもし出すらしい。


他にも発電ルアーとか発電下駄とか。
エコとアイデアの融合が面白い。

株式会社音力発電

速水浩平代表取締役インタビュー 

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。