[備忘録]長五郎餅本舗

  • Day:2007.12.30 18:53
  • Cat:日記
大福餅!

京都は北野名物・長五郎餅の由来は、遠く天正年間にさかのぼります。



という由緒正しいお餅で

かつ、

大綱秀吉が「長五郎餅」と命名して以来、400年もこの味と名前を伝えている餅だそうです。

しかも明治維新までは皇室のご用達となり、維新の際は京都詰となていた諸国の大名家も好んでこの餅を食べたとのこと。

長五郎餅


その餅の味は、

さらりとした甘さと、柔肌のようになめらかな餅の口当たりが繰り返す絶妙な味わいを守り続けて



という商業的なキャッチコピーで表現されている。

おいしいことはおいしいんだけど、おいしいを表現するコミュニケーションは400年続いている味ですら難しいんだなと強く感じた今日のおやつの時間だった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。