①理念がある ②顔が見える ③正直である ④Noと言える

  • Day:2012.07.06 23:11
  • Cat:日記
というのが愛されるブランドの秘訣と言われて、いきなりピンとくる人は少ないと思う。
本屋で並んでいる書籍もソーシャルとかFacebookとかGoogle+とか新しい手段についてばかりで
日々の売り上げを見ているマーケターにとってはそう言われてもちょっと遠いと思いがちである。

10万人に愛されるブランドを作る!

ただ、一方で自分の購買行動を見返すとそうした行動を取る傾向が強くなってきている。
わざわざパソコンをMacに変えたり、父へのプレゼントをマザーハウスで買ったり。

当たり前にモノが手に入る時代だからこそ、消費するモノも実は、音楽や本と同じく
好きなバンドや好きな作家、好きな会社のブランドで買っているのかもしれない

そしてこのブログを書いている自分も含めてライフネットは愛されるブランドをつくる
マーケティングを実践して、成功している先駆者だと思う。


①理念がある

P54

ネットで帰る安い保険。
それだけでは、他社と差異化することも、「会社のファンになりました!応援します」
と言っていただくこともできないでしょう。



その通りだ。そこで出てくるのがこの言葉!

「少子化は日本の成長を妨げる課題だ。そして少子化の原因は、子育て世代の若い人の
収入が低回していることだ。保険料を半分にすることで若い人に安心して赤ちゃんを産んでほしい。」


最後はちょっとロジックぶっ飛んでいる気がするけど、ぐっとくる言葉だ。
いつでも人は社会課題の解決をすることで利益をあげる企業を賞賛する。


②顔が見える

どうせ同じモノを買うなら店員がかわいいコンビニで買いたいと思ったことがあるだろう。
或いは先日、新橋の立ち食いそば屋で焦るほどまずが混んでいる店があった。
そこは、ちょっと美味しくなかったけど(時間帯的に?)、おばちゃんはあたたかい人だった。

これだけ商品に差がない時代になるとどちらかというと知っている人が薦めてくれる方がいい。

だからライフネットでは10人以上集まれば、必ず経営陣が行脚するらしい。
ぼくも実際に、二回ほど話を聞いたことがある。w


③正直である

P63

あえて見積もりを他社と比較してもらう


価格比較サイトが当たり前のようにある時代、ネット商品の値段を隠しても
しょうがない。潔くていいなと思う。

P66

良くても悪くても月次の販売実績を公開する


これは上場を目指している企業であれば勇気のいることだ。


④Noと言える

日本でもチェーン店ではほぼ初めて全面禁煙にしたスターバックスを例に出している。
また、ライフネット生命については紙の受付フォームを絶対に用意しない。

今は当たり前になっていることでも当初は多くのクレームがあったと思う。
その中でも貫いてきた、ということは逆にある特定の顧客層の方にちゃんと向き合っている
結果だと思う。

思えば、大好きなバスケの神マイケルジョーダンも愛されるブランドそのものだった。
自分の名前を冠したシューズが未だに売れ続けているバスケ選手はなかなかいない。


彼は実際に多分バスケに対する理念みたいなものがあったし、
ボランティアに積極的な姿など顔が見えるスーパースターであり、
しかも、絶頂期にNBAを辞めて野球に言ってしまうNOの思い切りや
試合中でのあの短期で人間臭い正直さがある。

結構いい本である。
これから大きくなる会社だと思うが、経営陣がだんだん顧客から遠くなるとき
どんな風に愛されるブランドであり続けるか、個人的にがすごく楽しみである。
間違いなくスタッフが鍵になると思う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。