情熱を失う時に精神はしぼむ

  • Day:2012.01.10 08:39
  • Cat:日記
1月8日の日経新聞1面に載っていた記事のコメントに感動した。

内容はC世代を駆けるという連載の中で、
C世代が介護施設で働いている苦労や高齢者を支える人数が
減っているという中で、77歳のとある老人のコメント

*C世代:ここ数年、米国で使われ始めた言葉だ。年齢は限定しないが基本的に若者。
CはComputer(パソコン)、
Connected(接続)、
Community(共同体)、
Change(変化)、
Create(創造)などを意味する。【出典:日経新聞】

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増やすが情熱を失う時に精神はしぼむ。



会社に対する情熱についても同じことが言える。
人間誰しも何らかの情熱を持っている。

社員のモチベーションは上げるな!
という書籍で書かれていたのが、入社初期が一番モチベーションが高い。
新たな仕事という恋人を見つけた瞬間だからだ。

だから社員のモチベーションを経営側があげることはできない。むしろ
下げないためにどうしたらいいかをしっかりと考えることが大事ということ。

情熱を失うときに会社に対する思いもしぼんでしまう。
だから、経営やマネジメントはスタッフのモチベーションをいかに
入社時のものに保てるのかが非常に大事。

従って、モチベーションを保てるインセンティブ構造の設計が、
今後キーになってくると思う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。