新卒採用の外国人比率がどんどん増えている

  • Day:2011.09.23 16:28
  • Cat:日記
最近、やたらと新卒の外国人比率を上げるだとか、
社内の外国人比率をあげるという記事を見かけるので
調べてみた。

結果としては
・ネット系で国内の技術者不足や海外進出に合わせて外国人技術者を採用
・小売系で将来の会議進出を目指して、外国人を採用
・製造業は稼げる国(新興国)の出身者を採用

当然といえば当然ですが、たまたま日本に本社があるというだけで、
稼ぐことのできる国の出身者を採用してその市場に入り込んでいく。
そのために外国人の採用が必要という感じを見受けます。

自分の会社も来年の新卒の3分の1は外国人なのでいずれ日本オフィスの
外国人比率があがるだろうし、実際にそうなってほしいなと思っています。


■ネット系
楽天 
・新卒採用420中120人が外国人
・従来は、中国・韓国・ベトナム等アジア出身だったが米欧も増やす

サイバーエージェント
・今後1年で外国人技術者を80人程度増やす
・初めて中国で現地技術者を対象に採用説明会を行う

ディー・エヌ・エー(DeNA)
・グループ全体で2割強の外国人比率を、15年3月期までに5割程度に引き上げる
・インドや欧州でも採用を本格化する

ミクシィ
・グループの従業員、約400人のうち、60人強を外国人が占める
・中国や米国出身者が中心だが、「今後も優秀な人材がいれば、国籍問わずに採用していきたい」


■小売系
ユニクロ(ファーストリテイリング)
・1500人規模の新卒採用の8割を外国人とする

イオン
・2020年までに本社社員の5割を外国人に。(現在はわずか3%)

高島屋
・新卒70人の約1割を外国人採用
・待遇は日本人/外国人変わらない


■製造業系
パナソニック(去年ですが)
・グローバルでの新卒採用1390人。そのうち日本人は290人だけ
・かつ、”日本国内の新卒採用は290人に厳選し、なおかつ国籍を問わず海外から留学している人たちを積極的に採用します”

ソニー
・2013年をめどに日本の新卒採用に占める外国人の割合を全体の30%にする

シャープ
・新卒採用250人のうち10%を外国人に

旭硝子
・新卒採用では10%を留学経験者か外国人にする

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。