世界最強の日本人経営者

  • Day:2010.12.14 12:42
  • Cat:日記
重工メーカー時代の先輩と飲んでいるときに勧められた書籍
Mr.金川千尋 世界最強の経営

ぼくは重工メーカー時代に、事業部の経営企画部門に所属していて
そこの先輩と飲むことが多いのでよく経営の話になる。

その中で先輩がこの徹底さがすごく、こうした経営者を生み出す会社は
どうしたら作れるのかという話をしました。

結論は、若いうちからなるべく厳しい環境に身を投じることだろう
ということになりましたが、やはりどの程度の徹底さかを知りたく、
書籍を読んでみました。

信越化学の社長で金川さんという人は、
・言ったことはやる、じゃなくてやったことを言う
・販売は経営の肝。そのために顧客との信頼関係が大事
・企業の社会貢献はCSR活動じゃない。しっかり儲けて株主に還元するとともに税金を払うこと
・検討時は誰よりも慎重で、やるときは大胆

のような人でした。

【メモ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇実行有言の人
・企業経営でも「実際に行なったこと」を重視
・その結果の純利益を一円でも一ドルでも大切にする
・「経営は結果がすべてである」と断言します。

◇成長と利益への徹底的なこだわり
・10数年連続での最高益のあと、成長率が落ちマスコミに成長神話の終わりと言われたとき
・「カチンときた。それを感じなくなったら社長を辞めなければならない」と断言
・実際に成長神話の限界」と言われてから、たった一年で「復活」を実現してしまう経営者

また、もともと営業マンだったため、販売へのこだわりはさらに強いようです

◇つくったものはすべて売る
・良いものをつくりなるべく高く買っていただく
・工場は100%稼動してフル生産。つくったものは全て売り切るフル販売で在庫はゼロです。

◇販売は経営の生命線
・事業の成功の7割は販売で決まる

◇販売の両輪とは
・①「よいお客様との信頼関係が大事」
・②「社内での信頼関係が大事」
・この販売員から買おうと思われるのと同時にクレーム時に「いざというときに社内の関係者がバックアップしてくれる力量」がモノを言う
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、そんな金川さんの自著も読みたくなり、
毎日が自分との戦い―私の実践経営論

要は若い頃は何でも夢中になってやってたくさん失敗するといいということ。
あと、マネジメント層になったら「思考」が一番大事ということ。

株で失敗したから、投資のリスクを学んだし
肺結核になったから、健康の大切さを学んだ、らしい。笑
実体験の失敗こそが経営に生きるとのこと。

2冊を読んで、
またユニクロの柳井さんの本など名経営者の本を読むと共通しているのが
・とにかく徹底的に実行する
・失敗は何度もするがそのリスクを最小限に抑え、かつ失敗を次に活かす
・わからないことがあれば自分で学べ

かなと思いました。
日本にもこんなすごい経営者がいるんだなと思いつつ。以上

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。