課題が変わってきた

  • Day:2010.11.06 17:57
  • Cat:日記
昨日、経営陣とじっくり話す機会があったのでいろいろと
フォードバックをもらいました。

3か月前の最大の課題は
「優先順位付けが曖昧であること」

そこはある程度解決できてきたけど、いま、というか今後、
マーケティングをやっていくに当たりいまの自分の弱点は、

・自分の企画に対する愛着が非常に強い
・愛着が強いがゆえにフィードバックへの反発も強い
・従って、企画をもっとよくするためのチャンスを逃している

とのこと。

つまり、よりお客様の目線に近づくために
自分の企画を客観視して、批判もできる力が必要とのことでした。

で、そもそもそれがなぜできるのかを聞いたところ
「コミットメントの違い」じゃないかと返ってきました。

ああ、なるほど。ぐさっときました。

確かにいままでは自分の企画を実行することが、=コミット
に近かった気がします。

一段目線をあげて、自分の会社をよくするためにどんな企画
を実行すべき、或いはそもそもその企画はやるべきではないのか。

つまり、会社の目標達成にむけてコミットをすることが
視座を一段上げるためには必要ということかなと。

とはいえ、まずここからの3ヶ月は
・企画に対して、フィードバックをたくさんもらう
・同時に自分の企画を客観視/批判できる力を身につける
・客観視するために、よりお客様の目線に近づく

を実践していきたいなと思います。

何より課題が変わってきたことは喜びたいなと思います。

Comment

いい会社だなー
あと、自分で視点かえたり深さ変えたりしていっぱい企画だせばそれぞれのポジネガわかって客観視につながるんじゃない?
所詮人からのフィードバックなんて他人事だからそこそこに聞いておいて、
やっぱり自分で一生懸命考えるのがいちばん。
というのが最近思うこと。
アドバイスありがとうございます!!
>kagayataku

>あと、自分で視点かえたり深さ変えたりしていっぱ>い企画だせばそれぞれのポジネガわかって客観視に>つながるんじゃない?

自分の視点にどこまで自分を持てるか、なんですかねー。ぼくはできる限り、リスクを減らしたいのでついついいろんな人に聞きまくろうとしてしまいますが。。。

後は、コンサル的なくせで事実をつかまないと気持ち悪いと思ってしまうのかもしれません。

ただ、正直当たらないかな―と思いつつ、まわりにも当たらないだろうなーと言われた企画が当たったありすることもあるんで、考えて考えてその後は小さくやってみるってのが一番いい気がします。
  • 2010/11/13 16:59
  • Yuichiro
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。