英語は度胸で話せる。~とりあえずこの夏は海外へ~

  • Day:2012.05.06 19:52
  • Cat:日記
某アメリカの大学の博士課程を出ている方に
「英語レベルとしては、商談は難しいが面談はできる!」と言って頂いたので
ある程度英語を話せると仮定して、

英語は度胸で話せる。~とりあえずこの夏は海外へ~


というメッセージをブログで書きたいなと思います。

初めて海外の地を踏んだとき、TOEICなんて存在なんていざ知らず。
航空券を握りしめて、タイのドンムアン空港に降り立ちました。

そして滞在2日目に英語で詐欺に合い、2万円を喪失。
そう、貴重な貴重な2万円を。

それからというもの、
50日間かけてタイ・ラオス・カンボジア旅行は超ケチケチ旅行でした。
生活費は一日千円以内。移動は5キロ以内は当然徒歩

その挙げ句、バンコクで発熱。40度の熱が10日間続き入院したときに
初めて、英語の必要性を感じました。

だから(だからになっていないですが…。)


1.まずは海外に飛び出してみるべし

こりゃ英語話せないとやばいと感じたのが、
バンコク病院で入院し始めて3日間くらい経ったとき。

40度の熱が数日続くって体験したことありますか?
とりあえず熱帯なのに寒くて、寒くて一歩も動けないんです。
その間もいろんな抗生物質を打ちまくり、疲労困憊。シャワーも浴びれない。

そんなとき
「とにかくタイ料理じゃなくて日本料理が食べたいなう」
とつぶやきたかったのですが、、、

看護師さんは英語しか話せない。なんかタイ語でキャピキャピしている。
初めて英語の必要性を痛感しました。

※ちなみに初めての一人旅の疲れで熱帯風邪にかかっただけで
 デングとかでは全然なかったのですが。

だから、必死に辞書をひき
「I want to eat Japanese food. Please avoid oily one.」
と伝えたところからぼくの英会話がスタートしました。

ここまでいかなくてもいつもより少し長い期間、
ツアーじゃなくて自分で航空券をとって海外に行けば、
”英語”を話さなきゃいけないシチュエーションが必ずできます。



2. 外国人と長く行動する


高熱×入院で親に散々心配かけてから半年後、
懲りずに今度はヨーロッパへの旅行を企画します。

タイから帰ってきて半月後の4月末には格安航空券がなくなると
夏休みのマレーシア経由、ロンドン行き航空券を入手。

ただ、お金が足りない。当時はユーロ高。ポンドなんてかるく200円超え。

そこで親に頼み込み、「2週間だけ短期留学させてほしい」と頼み込み
ちょっとサポートしてもらうことに。

というわけで安くてロンドンに近くて、かつ日本人が少ないところを理由に
留学先に選んだのがアイルランド。

バンコクの病院でもなんとか乗り切ったこの英語力があれば大丈夫、
と乗り込んだアイルランドで愕然とします。

・ホストファミリーの親父さんには、おれのことボスって呼べと言われる*
・同期のスペイン人はRが強過ぎて何を言っているか分からん
・そして、日本人がいない(自分でいないところを選んだのですが…)



*のちにボスではなくバスで学校行くといいよというありがたいアドバイスを
頂戴していたことが判明(アイルランドではバスのことをボスと発音する。)

あまりの寂しさに初日に親に電話してしまったほどです。

ただ、それでも食らいついて一緒に過ごしていると相手がこんなことを
感じているんだなーというのが分かってくる。
徐々にそこに英単語が
追いついてくる、という感じで最後にはだいたい言わんとしていることが
分かるというところまでいけました。

また、長く過ごすための秘訣はなるべく、夜一緒に飲みに行くくらい仲良く
なること。そして弾けること。日本人はおとなしいと思われているので
目立つとそれだけ誘ってくれる様になります。

ぼくはとりあえず
・当時さんまのからくりテレビでやっていた「だめだめ」を流行らせる
・毎日ワックスで違う形に髪型を決めていき、おれの髪の毛は生きている

とか適当な感じでスペイン人とイタリア人にとけ込んでました。

アイルランド

その後も、旅は絶対日本人宿を避けて、外国人とまわるようにしていました。


3.間違いを恐れない

アイルランドでのある日、英語に対する革命的事件がありました。

ある日スペイン人の友人に


(スパニッシュの友人)「今夜はパルティーに行こう」と言われ

(ぼく)「なんだ、日本にはパルティーなんてないぞ」と答えると

(スパニッシュの友人)「日本人はパルティーもしないのか。つまらないな」
と言われ、悔しかったので着いていきました。



そしたらただの「Party」だった。
しかも毎日行っているパブと一緒ではないか。

それを言うと、「そんなん言ったっけ。おれらはRが強いんだ」
と逆に言い返されたときにはっとしました。

そうか、「それでいいのだ」

間違えを恐れて伝えないより、気にせずに伝えればいい。
実際にぼくはパーティーに参加して楽しめている。

そのとき以来、ぼくのグラマーラップスはひどくなりました…

というわけで
「そうだ、海外へ行こう」

最低価格保証のエクスペディア:世界最大の旅行サイト

と思ったが吉日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というわけで英語を学ぼう海外旅行編です。
その後、日米学生会議に挑戦して撃沈したり、中東や南米に出かけた際に
外国人と一緒に観光したりしながら徐々に日常会話レベルはなんとか
なるようになっていきました。


ただ、これでは商談ができるわけではないので、
今はちゃんとTOEIC勉強中です。
スポンサーサイト

ゴールデンウィークは英語でTEDを見よう ~TEDオススメサイトまとめ~

  • Day:2012.05.04 09:01
  • Cat:日記
「机にむかって英語を勉強するのが嫌いなあなたへ」
シリーズVol.2は「TED」を英語字幕で見ようです。

TEDとは、

TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、
学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。

講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容を
インターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。

(Wikipediaより)

個人的におすすめの動画はこの2つ

ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」
「世の中に音痴なんていない」
「だって赤ちゃんはみんなお母さんの声を聞き分けれるでしょ」
そうぼくも音痴じゃないというこよ。中学の友人に帰省したら見せよう。













セバスチャン・スラン「Googleの自動運転車で目指していること」

友人の交通事故をきっかけに毎年事故で亡くなる人を減らすプロジェクト。
わずか4分のプレゼンで開発者の想いと将来への可能性が伝わってきます。











良質なTEDがもっとみたい方へ。
その他にはNAVERのTED関連まとめが初めてTEDをみる方におすすめ

1.初めてTEDに挑戦する方
【すごいプレゼン】TEDを初めて見る人におすすめの10本

2.TEDにいよいよハマってきた方
天才すぎて衝撃を受けるかもしれないTEDのプレゼン10選

3.時間がないけどとにかくTEDを体験してみたい方
忙しい人のための6分以内で楽しめるTEDのプレゼン10選

最近だと、ハーバード×MITが共同でオンラインコースを始めるらしい。
ゆくゆくは有料化するみたいだが初期は無料で使えそう。

「ハーバード大とMITがコースをオンラインで提供するedXプロジェクト」

新しいサービスをつくる際に考えたい3つのこと

  • Day:2012.05.03 09:31
  • Cat:日記
2年間レアジョブで働く中で、
マーケティング担当の中でも主に新規ビジネスやオンライン英会話における新規企画を
立上げ続けてきました。その中で感じたこと。

1.サービスがシンプルで1つの機能に特化していること

「mobage」「クックパッド」「エムスリー」

「mobage」はモバイルでゲームをする
「クックパッド」は料理レシピの詰め込み
「エムスリー」は医者のネットワーキング

流行っているサービスを見ると
できることがひと言で語られるものが多い。

逆にあれもこれもできるものはユーザーからすると結局何が
できるのか分からないのでピンとこず結局使われない


2.マーケットが大規模に存在すること

上記の例でいくと

「mobage」:ゲーム市場は任天堂やソニーのおかげある程度の市場規模。

「クックパッド」:衣食住という人間の三大消費市場。ご飯は誰でも毎日三食食べる

「エムスリー」:医薬品の市場規模はでかい。しかもこれからも伸びる

※具体的な数字は調べていないです。

iPodも革新的な製品であり、そう語られているが
あくまで音楽CD×ウォークマンの代替マーケットをとりにいっている


3.既存のサービスでは解決できないユーザーのニーズを解決できること

既存のユーザーが潜在的に持っているであろう不満の裏返しがニーズだ。

「mobage」:
・ゲームは好きだけどわざわざ携帯+ゲーム機を持ち歩きたくない
・隙間時間を活用できる短時間のゲーム設計

「クックパッド」:
・主婦は朝ご飯を作れば、昼ご飯のことを、昼ご飯が終われば夜ご飯のことを毎日考えなきゃいけない
・しかも新しい料理に挑戦しても結局だれも褒めてくれない

「エムスリー」:
・病院を超えたよこのつながりは希薄で情報交換がしにくい
・MRも一件ずつ医者をまわるのではなくもっと効率的にマーケティングしたい

この3つが新サービスや企画を当てる上で
考えなければならない最低限の要素と感じた。

後は、市場が伸びるであろうタイミングを逃さないことと

結局、やってみないと成功するかどうか分からないので
とにかくやってみること。


ユニクロの柳内さんでさえ、ビジネスは「1勝9敗」と言っている。
確かにスポクロや野菜の事業はどうなったのかな~と。




新しいことをやるなら上記3つを念頭に置きつつ、

マーケット動向やユーザーのニーズにアンテナをはり
かつ、失敗してもくよくよせずに次を考えられるタフネスが必要。

事業開発なんてその典型ですね。w
あ、事業開発やマーケティングがやりたい方はぜひこちらから

それでも英文法が苦手というあなたへ。机にむかわなくても学べる英文法書(@hirotoonishi氏の書籍)

  • Day:2012.05.02 09:58
  • Cat:日記
最初から言っておきますが、ぼくは机にむかって勉強するのが嫌いです。
高校時代は授業中は部活のための睡眠時間だと思ってました。

特に嫌いだったのは英語の時間
何より先生の和訳を聞いていると睡眠薬を飲んでいるかというほどよく寝れた。
(ゴメンナサイ)

だから当然、その中でも最もつまらない英文法は一番嫌いでした。

ただ、ただTOEICの点数を上げるためには英文法は避けて通れない。
英語で面接は受けれるけど、商談はさすがある程度、正確な文法で話さないといけない。


というわけで、なんとなく表紙だけ見て書店で手にとったのがこの本。(店頭に平積みしてたから)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)



いやほんとこの本はぼくにとっては革命的でした。

日本人のぼくらって文法なんて意識して話してないですよね。
感覚で言語を捉えていますよね。

この本は、英語ネイティブが単語や文法をどう感覚で捉えているかを
書いている本。そうそうこういう感覚が知りたかった。関係代名詞とか言う単語だけじゃなくて。

そして何より、著者の大西氏の文章がうまいので飽きずに読めます。

ただ、この本は分厚い
いきなりこれから入ると挫折するかも

ということで後輩におすすめされたのがこの本。

ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)




ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (会話編) (語学シリーズ―NHK3か月トピック英会話)



というわけで順次読み進めてます。これが終わったTOEICの文法問題集をやってみよう。
解けなかったらゴメンナサイ。

※ちなみに大西さんとは何の接点もないです。今のところ。ただの英語学習者の一意見です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。