組織の発展段階

  • Day:2010.10.31 16:08
  • Cat:日記
経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
有名なミスミの三枝社長の3部作です。出身企業が一緒ということもあり、
以前に直接話を聞いたのですが、いやはや怖そうな人ですね。

この書籍特に面白かったことは
1.若い時期に組織の損益責任を負うこと
機会は人を成長させるというが、経営者として一番鍛えられるのは
企業或いはその他組織の損益責任を持つこと。
それで苦しむこと、らしい。

2.組織の発展段階には定番の罠がある
横軸に会社の年齢、縦軸に会社の規模を置くと
右肩あがりで上昇している会社でも、

組織形態 → 罠
a.小規模組織 → 起業家的拡大の危機
b.機能別組織(機能分化権限移譲による成長) → 商売感覚マヒの危機
c.事業部・プロフィットセンター → 機能重視のムダ統制の危機


と罠をくぐりぬけながら進んでいくようだ。

aの段階では得てして組織の主だったすべての機能や判断を
起業家に依存していることが多いので起業家の成長がキーになり

次にbの段階では機能別に分かれた組織が自部門の論理で動き始めるため
組織全体で目指していることと部門のやろうとしていることがずれる
ことがある。組織の官僚化やお客様との乖離もこのころ始まる

cの段階になると、機能別組織の膨張を回避するために、事業部制等を
導入し、各部門がプロフィットによって動ける組織を目指す。
つまり本社機能をスリム化してできる限り、事業単位で動く組織
を再構築することが重要

ああ、書きながら思ったけど、
a,b,cそれぞれ体験しているような気がします。

但し、日本の会社はcになっているつもりでそのcの中に結局bがあったり
するのもまた事実ですが。

面白い。
スポンサーサイト

ローマの果て、アフリカの始まりチュニジア

  • Day:2010.10.22 11:33
  • Cat:日記
夏休みを使ってチュニジアに行ってきました。
なんでそんなところに行くの?とよく聞かれましたが
観光資源豊富な魅力的な国なんです。

・フェニキア人/ローマ人のつくった古代遺跡
・地中海沿岸に広がる都市文化
・ラクダに乗ってサハラ砂漠

そして
「ローマの果て、アフリカの始まり」

そう文化の交差点です!!

チュニスの旧市街(世界遺産)
RIMG0281_R.jpg

地中海料理
RIMG0342_R.jpg

地中海料理-オジャ パプリカと魚介が煮込んであり美味
RIMG0341_R.jpg

シディ・ブ・ザイド
RIMG0387_R.jpg

シディ・ブ・ザイド
RIMG0382_R.jpg

シディ・ブ・ザイド
RIMG0368_R.jpg

サハラでラクダ
RIMG0441_R.jpg

スターウォーズのロケ地-エピソード1かなー
RIMG0544_R.jpg

スターウォーズアピール-アメリカ人がいっぱいくる?
RIMG0567_R.jpg

エルジェム(世界遺産)
RIMG0613_R.jpg

スースのモスク(世界遺産)
RIMG0659_R.jpg

モスクとコカコーラ
RIMG0664_R.jpg

カルタゴ
RIMG0776_R.jpg

カルタゴ
RIMG0742_R.jpg






顔文字とか絵文字の輸出

  • Day:2010.10.22 11:20
  • Cat:日記
以前にメーリングリストで怒られたことがあるが、
これは非常に頭にきた。小学校からバスケ部で口頭
で怒られ続けて、割と慣れているはずだけど。

また、最近オフでやっているNPOの掲示板での議論で
かなり激しくなってしまった。普段からお互い短い
文章を乱発しやすいタイプだからかもしれないが。

つまり、文章でコミュニケーションってのは感情
部分は本当に伝わらないにくい。

メラビアンの法則 - Wikipedia http://bit.ly/b3j1vD
によると、感情が入ってしまうと、言語情報は7%しか
伝わらないという説も。。。

なのにビジネスの世界ではメールを本当に多用する。
日本語でも難しいのに英語だとなおさら難しい。

なのになのに、たとえば以下には
この国を出よの書籍には

日本人は「英語はイエスとノーがはっきりしている」と思いがちですが、これも誤解です。
英語は日本語に比べて表現や語彙が限られる分、ニュアンスが極めて広く、ビジネスの
英語では間接話法を多用するのが常套になっています。(大前)



おい、そんなんすぐには無理やろ
ということで、日本の顔文字/絵文字を世界に輸出する
というのはどうでしょうか。

日本でも2007年のアンケートでも約80%が使っているという
この絵文字。
中学生から巣鴨のおばあちゃんまで使ってるとある
ニュース番組で紹介してました。

また、レアジョブでもフィリピン側スタッフは、何かと
Gmail/Skypeの顔文字を使うのが好きみたいです。
ただ、何せ種類が少ないのであきる…

これはドコモ、au、ソフトバンクのでしょうか。
はてさて、どこかわからないけど、日本の多様な絵文字を
世界に売って、世界のスタンダードにしてもらえれば、と
新しい言葉を売るぐらいでやってもらえたら面白いなと
思いました。

ジャストアイデアです。

サイバーエージェント 曽山様のBlogにレアジョブが載りました!!

  • Day:2010.10.21 02:22
  • Cat:日記
うれしいです!!
http://ameblo.jp/dekitan/entry-10682838723.html
先週、私もCTOにくっついていって一緒にお会いさせて頂いたのですが、
非常にエネルギーあふれる魅力的な方でした!!

実際に本も人事についての本も書いて頂いている方で会社で読みました。
サイバーエージェント流 成長するしかけ
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条

こういった方に直接、お会いできるのもベンチャーの魅力だなと改めて思います。
めっちゃ楽しかったです。やる気が湧いてきます。

※Blogがアメブロでなくてすいません。
学生時代になんとなくつくったままになっています…

TripTrace ~旅のキロク~

  • Day:2010.10.21 02:14
  • Cat:日記
待望です。
先週末、大学時代の旧友から久しぶりにメールがきたら
なんと結婚して、新婚旅行に世界一周行ってきます。と!!
うらやましいかぎりです。
そんな友人にぴったりのサイトがこちら
TripTrace:http://www.100shiki.com/archives/2010/10/triptrace.html

行った国の旅ログがつくれるサイトみたいです。
既にあるにはあるんだけど…、
結構しっかり書いている感じなので若干抵抗があり。
http://4travel.jp/traveler/

旅ログがソーシャルにつながって、
同じ興味を持っている世界中の旅行者とつながり
ながら旅行するというのは新しい楽しみ方なのかもしれない

ぼくのころはまだ安宿の情報ノートでしたが…

ちなみに、自分がよく旅行でふらっと海外に出ていたころは
どこなのドットコムの愛用してました。
http://www.dokonano.com/
一応、家族にここ見といてと関空で電話してからドキドキしながら
異国の地にむかったのが懐かしいです。

ヨーロッパ
アジア・中東 
南米

ゼロの衝撃

  • Day:2010.10.16 17:46
  • Cat:日記
「永遠のゼロ」

ぼくにとってはゼロの衝撃でした。
旧日本軍の零式艦上戦闘機、所謂ゼロ戦のパイロットの戦場での人生を
描いた大作でした。

ストーリーは同じ年くらいの司法浪人生が、戦争で死んだ特攻隊の祖父を
おって当時の同僚の話を聞くというもの。

・本心では信じていない軍部に、それでも従う兵士
・軍の官僚制と現場の見えていない指導者たち
・その結果、重要な戦略的ポイントで判断を誤る軍部

軍という文字を置き換えると、、、
似てますね。いつの時代も。

上記のような硬直は何れ歴史の躓きといわれる部分にいざない、
その後歴史は以前の数倍以上のスピードで走る

一方で、
「必ず死ぬ特攻と死を覚悟で戦う気持ちの差」
なで、いまの平和な日本で生きていると絶対に分からない
感覚もあるのだなと感じた。

自分の祖母はどんな時代を生きたのだろか。
今年、祖父は亡くなった。過去よりも未来の方が好きだけど、
過去も知っておきたいと思った一冊です。



日本人は日本人を否定するのが好きな国民

  • Day:2010.10.16 17:28
  • Cat:日記
「この国を出よ」



仕事で会う人のBlogで紹介されていたので、早速読んでみました。

内容は、ざっくりと
・国債も積み上がり、政治も決断力なし、変わらない日本はやばい
・それなのに日本人は、"そこそこでいい"と思っており、危機感ゼロ
・日本の若者を早く海外に出て、それから日本に戻ってこい

というものでした。

今日時点、Amazonの売上ランキングで17位らしいですが、
日本人は本当に日本がやばい、危機だと訴えられている本を読むのが
好きなんだなと感じました。

一方でそれを変える施策の一つとして、「日本を出る」ことを勧めているが
実際に本当に出ようと思う人はそう簡単には増えないでしょう。

日本人の海外留学者推移

を見ても2001年の13万人から減り続けて、昨年はついに10万人を
割り込んでいます。

この流れを大きく変えるには日本の労働者が国際競争にさらされる
必要があると思います。

そしてその流れは着実に迫ってきています。
・先日行った中目黒の居酒屋の店員はインドorバングラディッシュ人で日本語は片言

確かに料理を運ぶだけなら日本語は片言で十分?!

・コンサル時代のマーケリサーチは夜中にインド/チリに頼めば朝できている

翌朝、日本人の英語できる人を探す必要なし

などなど、あげればきりがないですが、
海外に目を向けれない日本人に求人減るのは時間の問題かもしれません。

それそれで面白そうですが!!ぼくらにとっては。

メガネを買う難しさ

  • Day:2010.10.12 19:00
  • Cat:日記
「メガネの人はどうやって自分に似合うメガネを選ぶのか?」

…週末にメガネを買いに行きました。メガネをかけてメガネを買いに行きました。
ふと、いいなと思ったメガネをかけてみると、鏡にうつった自分の顔が見えません…
あれれ、あそうか近視だから、レンズが入っていないと見えない。

翌日、コンタクトをして再びメガネ屋に。
ちなみに、メガネしかない人はどうやって自分に合うメガネを選んでいるのか…

ちなみにぼくがよく行くZoffのコピーに

あなたのあだ名が「メガネ」なのは、そのメガネが似合っていないからです


というコピーがあったそうです。

なんとかしてくださいませ。w

確かにメガネ人口より、
メガネというあだ名は圧倒的に少ないですね。


「(Suicaで支払うと)ローソンはSuicaしかボタンがないのにどうして客に押させるのか」
「どうしてすし屋の味噌汁には海藻入りが多いのか」

とかいろいろ疑問はつきない今日この頃です。

消費者目線でサポートする

  • Day:2010.10.10 11:29
  • Cat:日記
よく仕事でSkypeの説明をするが

「Skypeログイン後の画面で」だと伝わらず、「Skypeの待ち受け画面で」というと伝わる
「インターネットのブラウザ」だと伝わらず。「インターネットを見るときの最初の画面」というと伝わる

ということがあります。

これはご存知のとおり、パソコンのカタカナ用語が慣れているない年配の方向けです。
5分以上説明しても全然伝わらなかったのに、「待ち受け画面」と言ったら
「ああ、あれですか」と言われた時は衝撃でした…

そんな中、アメリカでは高齢者が高齢者をサポートするというサービスが
でているらしい。

このサイトでは、シニア向けサービス向けに(ややこしいな)シニアのスタッフを派遣する、
というサービスを展開している。


よくマーケティングの世界では、
・消費者を知るため、まずは対象者にデプスインタビュー
・そこから仮説を出し、定量調査を実施し確認
(ベンチャーの場合は、まわりの10人くらいに聞くでコストを抑える場合も多いが)

ということをやるが、
それを更に深くやると顧客サポートも顧客に近い人がやるということになるようだ。

日本はSCのPC教室などがこの代替になるのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。