a-conで説明会やります。8月7日(土)15:00-17:00 @高田馬場

  • Day:2010.07.28 01:58
  • Cat:日記
a-conのネタ続きです。
a-conで新メンバー募集説明会をやります。

ちょうど3年前のこの時期にクーラーの全くきかないほしのさんのシェアハウスでの
集まりから始まったa-con

確かその時のメンバーは
かがやさん、しみずさん、しらとさん、おおたくん、ほしのさん、ふぃりっぷ
だった気がします。
暑い中でカレーをつくってみんなで食べながら、初顔合わせに近いメンバーで始まったa-con。
今では、協力な仲間がぞくぞくと参加してくれ、ML登録メンバーも200人を超えるまでになりました。

そして支援先のNPOが増えていく中でコアメンバーとして活躍してくれる方を
募集します!!

★転載歓迎☆
///////////////////////////////////////////////////////////////////////

a-conは、「NPOの活動を、どう世の中に伝えていったらいいか」ということを、
そのNPOの方たちと一緒に、同じくらい真剣に考えて、
「広報活動の支援」という切り口でお手伝いする団体です。
日本の社会にNPOという文化が本当に根付くためのエンジンになれるよう、
わいわいとやっています。


■新メンバー募集説明会の詳細
--------------------------------------------------
・日時:8月7日(土)15:00-17:00 (14:55から受付開始)
*17:00-自由参加で懇親会
・場所:戸塚地域センター
*直接会場までお越し下さい。
http://www.to1.bz-office.net/gaiyo.html
・参加費:無料
・定員10名

・下記のアドレスに件名を「8月7日説明会参加希望」とし、必要事項を記入してお申し込み下さい。

 氏名・連絡先メールアドレス(当日の連絡用にケータイが望ましいです)・懇親会の参加可否
 welcome アット a-conweb.net
(スパムメール防止のためアットを@に書き換えて送信してください)

・a-conのHP
http://www.a-conweb.net/
http://blog.a-conweb.net/?cid=38958

・Twitterアカウント
@a_conweb
--------------------------------------------------

a-conメンバーはみんな本業を持ちながらボランティアで参加しているので、
プロジェクトごとにチームを作って、フォローしあいながら活動しています。

■例えばこんなメンバーが活躍中です。

・広告代理店でマーケティング担当をしている30代男性
 仕事の間を縫ってボランティア関係イベントの広報を企画

・20代女性、社会人1年目のメーカー営業担当。
 事務局で新メンバー募集やa-con内部のイベントを担当。

・都内の大学に通う理系大学生。現役ライターと一緒にNPOの
 ニュースレター作成をサポート中。

・ベンチャー企業のカスタマーサポート&マーケティング、20代男性。
 国際協力系NPOダイレクトメール作成や、事業ネーミングで
 プロジェクトリーダーを務める。


■例えばこんなプロジェクトで、こんな仕事があります。

・新規プロジェクトのマネージャー
・ニュースレター作成プロジェクト
・マネージャー NPOとの連絡調整・大学生との調整
 ・ライター/編集者
・イベントサポートチーム
 ・空間デザイナー
 ・PR・メディア関係者
 ・ステージ演出に興味のある方
・環境団体のロゴ作成プロジェクト
 ・デザイナー
 ・リサーチャー
 ・プロジェクトマネージャー
・事務局メンバー
・新規メンバー受け入れ担当
・月1回の定例会の企画・運営担当
・議事録作成


※ここに挙げたお仕事はほんの1例です。
 あなたのスキルや、活動できる時間に合わせて、
 多様な関わり方があります。
 詳細は説明会で!







スポンサーサイト

7月の定例会

  • Day:2010.07.19 16:00
  • Cat:日記
土曜日に7月のa-con定例会をやりました。
先月くらいからポッターさんの提案で、コミュニケーションプレートを置いたり
アイデアブレストを取り入れたりで、初めてきた人でも議論に参加できるしくみ
づくりをやっています。

7月17日定例会
(ちょっと逆行でピンぼけしていますが…)

今日の定例会で面白かったというか、成果がでていると感じたのは、
「環境ボランティア見本市2010」の広報物やゾーニング等イベント開催のサポート

環境ボランティア見本市とは…
渋谷の地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)で開催され、
40以上の環境NPO/NGO団体、100種類以上のボランティア求人に出会える機会を創出。
アースデイマネーアソシエーションやgreen birdなども参加。

やったこととしては、
・今回は制作物のレイアウト/ブースにゾーニングをアドバイス
-参加者が会場奥まで入り込みやすいような工夫
-会場マップの制作

2010環境ボランティア見本市①

2010環境ボランティア見本市②

2010環境ボランティア見本市③



成果としては、
・来場者が前年度比の約2.5倍
・来場者の声を1割程度確保できたので、それを次回以降に活かせる

ただし、実際の成果は
どれだけ参加NPOへのボランティア参加者が増えたかどうか。

またうれしい話しとしては
a-conのサポートに興味を持ってくれたNPOが2団体ほど声をかけてくれたとのこと。
その一つは国際協力系なのでふぃりっぷも興味大です。

迷っています

  • Day:2010.07.12 11:19
  • Cat:日記
今年の夏休みの旅行

・ウズベキスタン
1番行きたい。ただ、いろいろとあってまだ認可されず…
サマルカンド、ブハラ、ヒヴァ…、世界史好きにはたまらない響きです。
とりあえず航空券だけおさえてみようかと…


・シリア/レバノン
次行ったら3回目になっちいますが…、でもパルミラはまだ行ってないので
シルクロードの旅行者をもてなす雰囲気がかなりいい
ただ、安い航空券が売り切れ


・エストニア/ラトビア/リトアニア
行ってみたいけど、9月もう寒いかな。
ちょっと日が短かったりもするのかあ…


・チュニジア
チュニジアブルーがきれいそう!!
ただ、安い航空券が売り切れ


・クロアチア、ボスニア、セルビア
まだボスニアが少し治安がよくないところもあるらしい。


というわけで、結論は
ウズベキスタンにどうしても行きたいです。
http://www.ab-road.net/asia/uzbekistan/heritage/000632.html
(エイビーロードですが。)

SVAのネーミング見直しプロジェクト

  • Day:2010.07.10 13:45
  • Cat:日記
シャンティ国際ボランティア財団(SVA)のある会員制度のネーミング見直しの
プロジェクトをやっています。

これまでは、
SVAさんのダイレクトメール改善のプロジェクトと2009年夏、冬、2010年夏
とやってきました。
2010年夏はこちら


先月末にネーミングのブレスト会をやってきました。
今回は以下の手順に沿って、アイデアブレストから定量調査まで
行いその制度に一番適したネーミングをつくっていこうとしています。
ネーミング作業の段取りv100601_デフォルト版 - コピー

で、先日のブレストは休日の朝十時から。

眠い目をこすりならが
20代前半から70代までいろんな人が集まってブレストをしました。
2時間で出てきたアイデアは約300。
うけねらいで滑っている人から
これは使えそうというものまで。
CBSネーミングブレスト_1

CBSネーミングブレスト_2

今週末はこれまでに出たアイデアをコアメンバーで5案くらいに絞り込み
定量調査や現在の会員さんへの定性調査につなげていきます。

a-con(NPOコミュニケーション支援機構)やってます

  • Day:2010.07.10 13:28
  • Cat:日記
3年前の6月ごろ、上京してまだ3ヶ月のころ。
(正確には上相模原でしたが。)

損保ジャパン環境財団のCSOラーニング同窓会
の企画コンテストみたいなやつから始まり早3年が経ちました。

当初は発案者の加雅屋拓さんとその他5名くらい。

日本のNPOのコミュニケーション活性化で
NPOが日本の文化となるエンジンになりたいということで創めた。
Action Unit for Communicative NPO (a-con)


そこで、総会とか定例会担当の運営委員をやりつつ、
シャンティ国際ボランティア財団のダイレクトメール改善や会員制度のネーミング見直しの
プロジェクトを担当しています。

メンバーとしての参加に
興味のある方はぜひご連絡下さいませ。

現場と協働する

  • Day:2010.07.10 13:07
  • Cat:日記
どんな会社にも管理部門もあれば、現場部門もあると思います。

新卒で入った会社は総合重機メーカーでフォークリフトとか戦車を製造している
会社でしたが、そこでの配属が管理部門中の管理部門である、事業本部の経営企画でした。
(新入社員としての経営企画は事業本部初でしたが、その年は新卒を採りすぎて配属先が
足りなかったみたいです。w)

経営企画部門はさすが社内でも仕事ができる人が集まっています。
その中でも実際に成果に出している人ってどんな人かを1年目にひたすら観察していたところ
「現場に話を聞きに行く回数の多い人」
でした。

たとえば、当時、景気後退を受けて
・設備投資を減らす
・派遣社員を減らす
・タクシー券を減らす
・飛行機はエコノミーを徹底させる/出張をそもそも減らす
・残業を減らす

といった、とにかくネガティブな仕事が先行した時期も
実際に受け持った分野を減らす(成果を出す)ことができている企画担当者は
「事前に現業部門の話を聞いている人」
でした。

ヒアリングをした結果、当初実施予定の施策と同じでも
現業部門の意見を取り入れた形にしたとしても、
現場の実行への素早さや真剣度がこれほどまで変わるのかと驚いたものです。

翻って、
今の会社での自分の立場は、現業部門でありながら、
実際にスタッフの管理も行う立場。

人の意見を聞くというのは時に辛抱強さも必要だし、
せっかく聞いた意見がどうしても実施できない場合もあるけど、
まずは聞く姿勢が、大事だなと思った今日この頃です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。