ラッシュライフ

  • Day:2008.08.27 23:48
  • Cat:日記
伊坂幸太郎のラッシュライフから

登場人物で泥棒のプロ黒澤のことば

人生については誰もがアマチュアなんだよ。
誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけないよ。
まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね、
とにかく全員がアマチュアで、新人だ。


だからやっぱり、ラッシュライフ=Lush Life。

毎日困ったことも起こるけど、その方が新鮮だから楽しくなってしまうということだろうか。
スポンサーサイト

24

  • Day:2008.08.26 23:28
  • Cat:日記
今日で24歳。
会社も、オフもほとんどと最年少だから気付かなかったけど、
20代も半ばに差し掛かる。

ちなみに24歳÷3=8時
(年齢を3で割ったら、人生を24時間にしたときのだいたいの時間らしい。)

8時ということはやっと、スタート地点に立ったということになる。
今日はその記念すべき日だ。

@ 陽朔  雨の日

  • Day:2008.08.12 14:19
  • Cat:日記
旅行に雨は天敵。
ヨーロッパみたいに、美術館とか音楽とか屋内で楽しめるアクティビティがあれば問題ないけれどここは残念ながら大自然が見所の中国。

中国は予想に反して普通の国だ。
旅行をしていて特に困ることもないし、観光地だからか街中にけっこう英語話せる人も多い。

むしろ一人でご飯でも食べていると、中国人旅行者が一緒に食べようと誘ってきて最終的におごってくれたりする。目的は外国語が勉強したかったり、中国人と思って話しかけたら偶然日本人だったりいろいろだけど、積極的な人たちだ。結局、昨日も一昨日もただ飯になってしまった。

それから昨日は宿で4時間ぐらい議論になった。
シンセン、広州出身の中国人とオランダ出身華僑とふぃりっぷの4人。
相変わらず、はじめふぃりっぷは日本人とは思われていなかったみたいだが…

内容は、結構センシティブな話題が多かった。
民主主義、メインランドチャイナと香港の違い、日本の靖国と教科書問題。

ある中国人は「海外に自由に出れる日本人や華僑がうらやましいし、自由が必要だ。」と言う。
それに対して、華僑は「じゃあ、なんで中国人は政治に関心を持たないの?」と反論する。
「オリンピックがあるし、人権や自由を主張するチャンスじゃないか。」と。

まあ、そんな感じで4時間くらい、しゃべり続けた。

「What Do You Think?」と
遠慮なくぶつけ合うってけっこう気持ちがいいもんだ。

前よりも中国のことを知りたくなったのは間違いない。

@桂林 & 陽朔

  • Day:2008.08.10 22:02
  • Cat:日記
桂林から陽朔という田舎町へ

旅行とは
以前にもBlogに書いたけど、
森山大道のことばを借りれば、

何かとは、要するに自分自身のことであろうし、旅をするということは、とりもなおさず、自己を見続けようとする意識のプロセスに他ならないと思う


ということで、

その旅ってのの醍醐味は1冊のノートにむかい、思索にふける時間がとれること。
マーケット歩き回りながら考えること。
メコンの夕日を見ながらぼーっとすること。

忙しくて、楽しい日本だといつの間にかそんなすてきな時間をとることを忘れちゃってる。でしょ?
次に何するか時計を見ながら動いているのがふつうになってしまってるんじゃない?

だから旅行は悪くないんです。

もうひとつ旅行のいいところ!
それはその国を肌感覚で感じれるところ。

シリアの人は、ひとなつっこくておせっかい。親日。
ブラジルの人は、明るく情熱的。
アイルランドは…
チリは…

でも肌感覚が限界かなとも最近思う。

そういう意味ではそろそろ、もう少し深いところで知れるような何かがしたいなと思っちゃう。
それは旅行だけじゃなくて、いろんなところで。

と中国に来て思ふ。

明日は桂林の川くだり&サイクリングへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。