最近のこと(出会いとか)

  • Day:2008.07.27 12:32
  • Cat:日記
7月18日~22日
会社が連休だったのでシンガポールへ。

宿で出会った人

・宿の従業員のネパール人×2
シンガポールでホスピタリティマネジメントを学びながら休日はお金を稼ぐために宿で働いている彼ら。
日本だと、ほとんどの人が勉強するお金はだしてもらうもんだと思ってるけど、彼らは若干18歳にして、自分で稼いで学んでいる。

・日本人学生Kくん
若干20歳にして、オーストラリアでワーホリ&いまは旅行中とのこと。
オーストラリアでファームで働いていたらしい。(農場)
面白いのが、ファームで働きたかったら、契約とか適当なので、朝農場へ行くバスのところにいって、1週間単位で雇ってもらうだけとか。それをやろうって思える20歳はいいと思い、JASCに勧誘しておいた。

・イギリス人弁護士の卵
旅行者。旅行について二人であつく語っていたのに、
ふぃりっぷのことを本当にふぃりぴん人の移住労働者と思っていたみたい。
「そんで、シンガポールでどれくらい働いてるの?」って聞かれた。


7月25日
飲み屋で友達&友達&ふぃりっぷの三人で語る。
「経済成長orそれ以外の何か」で友達二人が対決を始める。ほとんど初対面なのに。おれ仲裁?!
因みに一人の友達のモットーは「空気を読むは日本を滅ぼす」らしい。
中身はかなり面白かった。みんないろいろと考えている。



7月25日深夜
そのままスイートで友達のBDパーティ。
スイート!
日本を出ようと計画している人がけっこういる。
ふぃりっぷも一度出てみたい。


7月26日ビーチ相撲@由比ガ浜
体が痛い。


スポンサーサイト

シンガポール

  • Day:2008.07.18 00:56
  • Cat:日記
ゴーギャンについて書かれた『楽園への道』(マリオ・バルサス=リョーサ)より

南の楽園を目指して、
世界をさまよったゴーギャンを

ゴーギャンは思索の人だった。野生の優位を唱え、文明からの脱出を図った。しかし世界が踏破されたいま、未知の世界はないと思う。あるとするならば文明の中だろう。我々はもっと文明世界を深く見つめ、疑いをさしこんでいく必要がある。



と書いている。

手帳に書いてあったこの言葉の中で

南国


をピックアップして、明日からシンガポールに行くことにしました。

シンガポールは文明の中なのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。