情熱大陸 メイドインバングラデッシュ

  • Day:2008.03.16 23:57
  • Cat:日記
今日は久しぶりに情熱大陸を見た。

今日のクローズアップは「世界最貧国」であるバングラデッシュ産のバックをつくる山口絵里子さん。


彼女のいいなあ、共感できるなーと思ったことは二つ。

一つ目はどんなにトラブルがあっても絶対にえがおなこと。

誰だって、辛いことはあるけど、愚痴っているひまがあったら、
次を考えた方がいいに決まっている。
彼女の笑顔をからはそんな、底のないポジティブさが感じられた。
すてきなえがおだ。

二つ目は、「どんなことでも現場に足を運んで見聞きする。」という姿勢。

自社のバック生産工場を持つために、土地を探していたところ、
業者からいい土地があると紹介されていってみると、
なんとゴミだらけで水溜りばかりの使えない土地。
それでも笑顔で
「いいことばっかり聞いてたけど、自分で言ってみないとわからないですね。」
と話す。

そんな彼女と一緒に働く社員の男性の言葉が印象的だった。
「いろんな人がいっぱいやってきて、援助が行われてきたけど、
人々に何かを与えるのは、人を『物乞い』いしてしまう。
でも与えるだけじゃなくて、もし仕事があれば彼らは誇りを持っていきていける。」

それをできる可能性があるから山口さんと一緒に働いているのだと。

最後に彼女自身が、
-なんでバングラデッシュに居続けるのか?
という記者の問に対して、
「やっぱり諦めなかったから、できるまでやる。」

そして
-無謀だといわれない?
「いわれるけど、みんなこの国ができるって知らないだけじゃないかなー。」


26歳ということは、自分と3歳しか変わらない。

大学を卒業してちょうど、一年が経とうとしている。
一年目は、まわりから「会社でも最も気の毒な配属だよ」といわれたこともあって、辛いこともあったけど、

やっとやるべきことが見えてきた。
ぼく自身もこたえは「現場」のストーリーにあると思う。
スポンサーサイト

デスソース

  • Day:2008.03.16 11:31
  • Cat:日記
昨日は、a-conの定例会後、神楽坂飯店で一升チャーハンを満喫したあと、ふらふらとバーへなだれ込んだ。
TS390070.jpg


うまい、チャーハンのあとには、うまいピザということで、5人でロシアンルーレットピザに挑戦。まあ、どうせ合コン用の、お楽しみピザで、偶然食べてしまったかわらしい女の子が「から~い」といいえばおっけいな代物かと思いきや、

食べた瞬間、ふぃりっぷ的地獄がスタートした。
「辛い」
思わず店から飛び出して叫んでしまう強烈さ。
滴り落ちる汗(ちょっと汚いな・・・)で酔いもふっとぶ心地よさ。
そして後に残る辛さ。

もう一人の犠牲者の先輩から名言が届いたのでその紹介で辛い話はそろそろ終わります。

「着実にソースが下のほうに移動していってるのがわかるね。一番最後がまたつらそうだ…」


同感

デスソース

電車の中の広告

  • Day:2008.03.09 14:07
  • Cat:日記
にあったらしいけど、いい言葉だったので。
前のアップルのCEOじゃないけど、
本当にやりたいことをちゃんと見つめなければと、
最近思う。


仕事事はうまく行っていた。
それでもやりたい事があった。
辞表を書いたのが28歳。
サラリーマン時代に貯めた100万円を手に、家に独りこもって曲作りに没頭した。
自分は天才だと信じる心と、もしかしたらダメかもしれないという心の間で揺れた。
それでも曲を書き続けたのは、自分には音楽しかなかったから。
30歳でデビュー。
業界の常識では考えられない遅すぎるデビューと言われた。
あれから10年。
僕は歌う。

君は?

スガシカオ


日曜日の夜が楽しくないひと

  • Day:2008.03.02 22:46
  • Cat:日記
就職前に先輩にサザエさん症候群

(=日曜日にサザエさんのテーマ曲を聞くと明日から
月曜日であることを思い出しちゃって嫌になるらしい。)

があるってきいたけど、

就職後半年間テレビがなかったし、

日曜日も飲み歩いているので、その症状は、

いつになっても出ない今日この頃です。

でもそれは

オプティミズムに満ちた未来志向


の影響かもしれないとも思ったり。

そんな、オプティミストを励ますことばをたくさん紹介してくれている
「ウェブ進化論」の著者 梅田望夫氏が産経新聞で連載していて
いいことが書いてあったので。

http://sankei.jp.msn.com/economy/it/080302/its0803021122000-n1.htm

大人の流儀について

そのときにいちばん大切なのは、成熟した大人の側こそが若者たちに向け、心が萎(な)えるような言葉を浴びせるのではなく、前を向いて生きる希望を生み出すような素晴らしい言葉を発し続けることである。そのためには、新しい技術や新しい事象を前にして、何歳になっても前向きにそれを面白がる気持ちを持ち続けなければならない。そしてオプティミズムに満ちた未来志向のわくわくする言葉で、若者たちを勇気付け、鼓舞するのである。言葉の力を信じて、大人たち一人一人がそういう営みを続けていくことによってしか、創造的な社会は生まれないと私は思う。



なかなか、こんな「大人の流儀」持っている人がいないから、

日本人の若者は、日曜日が嫌になるのかもしれない。

「昔は~」じゃなくて、

「どう思うの?」って常にいえるような大人のほうがよっぽどかっこいい気がする。

でも現時点では、なかなかそういう人は少ないので

目の前にいる人に対して、

どう思うのって聞かれるように、仕向けなきゃいけないし、

それはけっこう労力がいる。

けど、それはそれで面白かったりもする。

伝統的に日本企業の典型みたいなところにいるけれど

こんなところでもそれは可能である。証明する。

そして、「どう思うの?」って聞かれる様に、

エネルギーを注いでいると、必ず、別の話をわかる

数少ないけど、「大人の流儀」を持っている人が

あらわれて、君の意見は、と聞いてくる。

そう思うと月曜日も嫌じゃなくなる気がする。

でももっと本質的には

偉大な仕事をする唯一の方法は、あなたがすることを愛することだ。まだ見つかってないなら探し続けろ。落ち着いちゃいけない。まさに恋愛と同じで、見つかればすぐにそれとわかる。そして素晴らしい人間関係と同じで、年を重ねるごとにもっとよくなる。だから見つかるまで探し続けろ。探すのをやめてはいけない

By アップルの創業者 スティーブ・ジョブス氏

だと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。