ブログ引っ越ししました〜

  • Day:2012.07.20 01:09
  • Cat:日記
WordPressに挑戦、ということでブログを引っ越ししました。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

http://yuichiro826.com/
スポンサーサイト

ハーバードで日本史を教える日本人の話 〜北川智子さんの「ハーバード白熱日本史教室」〜

  • Day:2012.07.17 20:40
  • Cat:日記
ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)
を読みました。

彼女はぼくより4つ上でハーバードの非常勤講師。
明らかにアメリカではマイナーで人気のなさそうな日本史の教授をしています。

だけれども彼女がすごいのが着任から3年連続で「ティーチングアワード」を受賞。
しかも、現在は軽く100名を超えるクラスを持っているようです。つまりハーバード人気教授なわけで。
日本人にもそんなマイケル・サンデルみたいな人がいるんだなと。(ちょっと誇張?!)

アジア系で、女性で、しかも若くて…あげればきりがない逆境を乗り越えて、
ハーバードで教えながら今を楽しんでいる彼女の本に感動しました。

ぜひ「情熱大陸」で特集してほしいなと。

また、海外の、それもハーバードで世界的にはマイナーである
日本史を教える彼女に人気が出たのは、日本史云々ではなく彼女の
歴史の捉え方ではないかと感じました。

 若い彼らにとって、歴史は遠い昔のお話である。大多数の学生にとって、
日本史は「外国」の歴史。だからこそ、日本史特有の話に限らず、
もっと大きく歴史がもつ面白さを全面に出すようにしています。

 歴史がみんなを強くする理由。それは2つあると繰り返した。
 1つは、時に隠された意味を見つけること。時は、経てば経つほど遠く、
古くなるわけではない。意味を見つけられた過去や意味づけられた過去、
どんなに昔のことでも、忘れかけていた一瞬でも、現在と直接の関係を
持つようになる。…



実際に「KYOTO」という授業では、学生に京都の古地図を見て
「自分」の京都の地図をキャンバスに描く。そんな中で「今」「昔」
を結びつけながら歴史を学ぶ楽しさを演出している。

 

2つめは、時の重力を感じること。時は、いつでも同じペースで
積み重なっている。1秒1秒に同じ重力がかかっている。昨日は最悪で
今日はまあまあと思っていても、昨日も今日も、数日後にふりかえると
ある「1日」。最悪の中からいい考えが浮かんだり、まあまあの日に見た
月が忘れられなかったり。時のなかには、様々な意味が含まれているから
こそ、昨日が今日より駄目な理由はどこにもない。つらい気持ちの日も、
幸せいっぱいの日も、将来にとっては、同じ重力がある。だから、毎日
どこでどんなことをしていても、その1秒に同じ重力がかかっていることを
忘れてほしくない。

 そんなふうに日本史にとどまらず、成果に役立つ歴史の奥深さに重き
おいて話をした。日本史は決して特別なものではない。歴史の学習が、
この学生のたちの将来に何か約に立ちますように。そういつも願った。



僕自身も正直、歴史大好き人間なので(だから海外旅行大好きなんだけど)、
今でも経済学部よりも歴史系学部のほうがよかったんじゃないかとか、
大学院に行くなら歴史系だなと勝手に思ったりしている。

過去の人間も今を生きている人も結局は同じような歴史の中に
埋もれていくのかもしれない。だけれども、歴史とのつながりを感じたり
また、時の流れを感じながら生きていくというのはそれはそれで
「個」の人生ベースで見ると面白いものになるのかもしれないと思った。

しんどそうだけど、一度受けてみたい授業です。
そして大学ってこんなに真剣で楽しそうなところなんだなと。

将来の目標は今を生きるために創るもの

  • Day:2012.07.12 15:12
  • Cat:日記
ハマがき_R


時が経つのは恐ろしく早い。
自分の1日、自分にしかない1日の残りの日数は日毎に減っていく。
ぼくらはその現実からなるべく目をそむけながら、今ある目の前のことに目を向ける。

一方で、将来◯◯を残したいから今頑張っているんだと居酒屋でビールを片手に語ることもある。
だいたいその場にいる誰もが、その将来っていつのことですか、という質問はしないのだが。

ぼくらが向かっているのは将来なのだろうか、それとも今なのだろうか。

判然としない中で自分自身が出した答えは、
「将来の目標とか夢は今を生きるために創るもの」ということだ。

たぶん、計画通りに将来を見つめる人と比べてちょっと遠回りで
脱線もするだろうけど、ちょっとおもしろそうじゃないかと思う。

「将来の目標は今を生きるために創る」プロは写真家ではないかと思う。
写真はレンズを通して、今この瞬間にフォーカスしている。

だけれどもそれは将来どうありたいかを頭の片隅に置きながら
撮るという動作を進めているはずだ。

僕にとって写真とは…撮っても撮っても撮りきれず追いきれない膨大な世界の断片と、
抜き差しならない自己の生の時間との交差する一点に、真のリアリティを見つけるための、
唯一の手段としてあるのだといえる

(森山大道の言葉)

すごく膨大な世界観と自己の生の一瞬がぶつかり合うところに生きている。
自分にとっても将来や夢はそんな感じで今を生きるためにあるんだと思う。

写真の彼らは元気にしているだろう。
シリアという今を懸命に生きなきゃいけない国にいる、はずだ。
だけれども彼らは将来も一緒に持っているはずだ。

[写真:2005年@シリア ハマ]

海外熱を思い出して英語のやる気をあげてみる!

  • Day:2012.07.08 01:28
  • Cat:日記
考えてから走るより、走りながら考えるのが得意な僕としては
日本での仕事が中心なので最近なかなか英語の勉強進んでいない…
ということで英語熱を呼び覚ましてみる。

■ブエノスアイレス
PICT0032.jpg


■イグアス村(@パラグアイ)
PICT0574.jpg


■ハバナ(@キューバ)
RIMG0159.jpg


■スリランカの遺跡
RIMG1222.jpg


■チュニジアのとある街
RIMG0382.jpg


■ウルグアイのとある街
PICT0562.jpg


■最近流行のウユニ塩湖
PICT0414.jpg


■ベイルートで見た風景
Dont go to Syria!


うん、モチベがあがってきた。

まだまだ行きたいところと話したい人がいる。

マーケターもエンジニアのように退化が早い時代で

  • Day:2012.07.08 00:40
  • Cat:日記
昨日に引き続き「10万人に愛されるブランドを作る!」から。
僕が普段から感じていることに近かったのでちょっと長いですがご紹介します。

P179

感度の高い若者にすべてを託す

ソーシャル・メディアの普及により、企業と消費者の新たな関係ができつつあります。

と同時に、マーケターやマーケティング部のあり方も、少しずつ変化させていく
必要があるようです。

従来のような、年長のベテランマーケターがリーダーとなり、マーケティング目標明確に定め、
その目標を達成するための担当者の業務分掌を明確化し、縦割りでキッチリ運営していくという
管理方法では、昨今なかなかうまくいかなくなってきたのではないでしょうか。


進化するデジタル技術やゆらぎのある消費者を相手に、機能的に、かつブランドの軸がぶれること
なく、全社員マーケティングを展開するには、組織のあり方の再考も急務です。…

今求められるのは、日々変化・進化しているコミュニケーション環境の中で、
デジタルの知識や技術に精通する知的好奇心とキャッチアップ力と、企業の見え方に違和感が
ないようにブランドが許容するガードレールから逸れないように見守りつつ、使える武器を
最大限に使い、全員マーケティングを推し進めるナビゲーション力です。


とすると、マーケティング・マネージャーも必然的に、従来よりも若い世代に任せるべきだと思います。



最近、感じるのが
「20代前半はソーシャル上で5キャラを演じる」と言われて驚いたり
「そのプラットフォームはすでにオワコンだから使わない方がいいですよ」と注意されたり、
はたまたぼくのつぶやきが「いけていない」と叱られたり、、、

でも実際に「じゃあ、どうやってやるの」と聞いたら、「なるほどそうしてみるわ」という
答えが明確に返ってくる学生や社会人1年目に出会います。

そんな彼らにキャッチアップしながらやっていくことが必要というのは、
従来エンジニアが新しい技術に追いついていくの四苦八苦しているのと同じで
マーケティングに従事する人間もコミニケーションの進化・変化のスピードが
加速度的に早まっているのを感じます。

同時に、彼ら世代の持っている能力もっと「活かす」「引き出す」場をどうやったらつくっていけるのか
それが自分に向けられている一つの課題ではないかとも思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。